アクセス解析
FORTI 's Footprint
FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

FORTI 's Footprint

気になったニュース、動画、仕事や生活でのできごとをなんとなく書き記す・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
RedHat(RHEL)で不要なサービスを停止する。

通常は以下のようなコマンドで停止する。

# chkconfig サービス名 off

ただ、最近のOSにはデフォルトで沢山のサービスが入っており、フルパッケージインストールすると意味不明なサービスが動いていたりする。

RHELではXwindow環境で使えるツールが用意されており、それを利用するとサービスの起動・停止が容易な上、サービスの内容が簡単に説明されている。その説明が結構重宝するので、それを使って停止することをお奨めする。

# redhat-config-service

redhat_config_service


止めたいサービスを反転し、「STOP」をクリックする。停止したメッセージが表示されればOK。一通り設定したら「SAVE」で状態を保存。

OSの種類(WS・ES等)やバージョンの違いにも依存しますが、以下のサービスは基本的に止めても良いかと。

acpid ACPIによる電源管理
apmd 省電力機能を管理する
atd コマンドの遅延実行を有効にするサービス
bluetooth ワイヤレス通信サービス
cups プリンタ機能を管理する
isdn ISDN回線を利用できるようにする
irda 赤外線通信機能を管理する
kudzu 新しいハードウェアを自動認識する
pcmcia PCカードのデバイスドライバーをロードする
random 乱数生成機能を管理する

ま、service configrationを起動し、説明をよく読んで任意で止めていくのがよろしいでしょう。

スポンサーサイト
2006.09.08.Fri 13:02 | Linux | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

FORTI
職業:見習いエンジニア
住処:東京都市部
好きな物:子供、映画、抹茶、
       スポーツ全般、お笑い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。